住宅用火災警報器 の取り付け方、設置、工事


住宅用火災警報器は、天井や壁に取り付けます。
詳しくは、住宅用火災警報器の取扱店・販売店や消防署に相談したり、取扱説明書をよく読んだりして、正しい位置に取り付けましょう。


天井や壁に設置する場合

天井に設置する場合、壁から60cm以上離して取り付けます。天井に梁(ハリ)等の大きな出っ張りがある場合は、そこからも60cm以上離します。また、照明器具からできるだけ離して設置して下さい。
壁に設置する場合、天井から15~50cm以内に取り付けます。

住宅用火災警報器の取り付け方


エアコンや換気口が近くにある場合

その空気吹き出し口から1.5m以上離して取り付けます。

エアコンがある場合


購入・取り付けに関するお問い合わせ

取り付け個数が多数ある場合、取り付け面がコンクリートや鉄筋の場合の工事をうけたまわっております。ご相談下さい。

 株式会社 サンキコーポレーション
 電話 043-278-2133
 メール info@sanki-c.co.jp

千葉市美浜区真砂のサンキコーポレーションは、住宅用火災警報器の販売と設置工事、廃棄消火器の引き取りを行っております。